2012年04月27日

このブログについて

このブログでは、ベジと環境についてのニュースや情報をまとめています。
他にも、自分が思いついたアイデアなども気まぐれでアップしてます。
何かご質問&お問い合わせ、突っ込みなどがありましたら、ecoveggie@gmail.comまでご連絡ください。

日美子
posted by 日美子 at 11:22| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

ビーガンでエコロジー日英版

vegan_environment1_en_ja.jpg

2011年5月7日に画像を更新しました。
画像が巨大ですが、、、。
ビーガンでエコロジーを日英量表記にまとめました。
A3横長、表面のみです。
でも、、、日英両方書くと文字が多くて難しそうに見えてしまいますね。
どうしようかな。
せめて文字に色をつけてカラフルにしようかな。


vegan_environment2-3_en_ja.jpg
2011年5月7日に画像を追加しました。

こちらのPart.3と4は、それぞれ環境破壊と汚染、それに水中&海洋生物についてです。
今まで魚についてのことが記載されていなかったので、追加しました。

もし印刷用が欲しい方がいたら、メールで連絡いただければデータを送ります。
メールアドレスはトップページをご覧あれ。

posted by 日美子 at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ダウンロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

「工業的畜産 貧困問題の一要素」世界動物保護協会

工業的畜産に関する、いい資料を見つけました。

「工業的畜産 貧困問題の一要素」 
ジャニス・コックス
世界動物保護協会
2007年8月1日発行

(PDFファイルです
)

以下は、リンク先の資料から一部抜粋です。

-------------
工業的畜産が家族や小規模農家、農村コミュニティーを荒廃させることは、歴史
と常識によって証明されている。現実には、「トリックル・ダウン」が貧困層を利
するような効果を発揮することはまずなく、工業的畜産から利益を得られるのは大
企業であるし、その製品は都会の裕福な人々の口に運ばれるのである。貧困層への
「トリックル効果」は、せいぜい、その有害な影響から数々の問題がもたらされる
ぐらいである。このことは、食糧第一/食糧と開発のための政策研究所が2005 年に
発行したレポート中の調査結果によって裏付けられている。

「FAO 世界農業予測:2015 ‒ 2030 年」には、次のように述べられている。「畜産
にみられる最も顕著な構造的傾向は、とくに東アジア、ラテンアメリカでの豚肉と
鶏肉、東南アジアでのブロイラー生産にみられる、大都市近郊での集約的で垂直統
合された施設の展開である。程度の差はあれ、乳や肉にも同様な傾向がみてとれる。」

FAO はさらに、これが小規模農家の市場参入機会と競争力の犠牲の上に進
められていることも認めている。
---------------------------

個の資料はよくまとまっていると思うので、是非色々な人達に一読していただきたいです。
特にNGO関係の人達・・・。
posted by 日美子 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ベジタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

うつ病のためのフードセラピー

私のパソコンを整理していた時に発掘しました。
フードセラピーってなんぞやと思って、昔(2003年ごろ)に調べたことがあります。

---------------------------------------------
引用元
Food Therapy for
By Christine Pedersen – Nutritional Consultant/Blood Analyst
http://www.jaredstory.com/depression_food_therapy.html
---------------------------------------------

栄養学の専門家であり、血液分析家による調査だそうです。
血液や細胞レベルで色々と調査しているっぽいです。

訳している時間もあまりないですが、とりいそぎ…


体に摂りいれるべきもの

1. Water – pure and clean (not chlorinated)
  水 純粋で清浄なものを摂る(塩素で殺菌されていないもの)

2. Minerals and vitamins from whole foods
  全体食でミネラルとビタミンを摂る

3. Essential fatty acids from Omega 3 and 6 oils
  オメガ3と6系油から主要な脂肪分を摂取する

4. Enzymes from living plants
  生きた植物から酵素を摂る

5. Friendly bacteria (probiotics)
  友好的な(?)バクテリアを摂取する(プロバイオティックス)

6. Plant based proteins
  たんぱく質は植物から摂取する


続きを読む
posted by 日美子 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と精神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

2010年の食に関する書籍ランキング

[英語]2010年の食に関する書籍ランキング。
ほぼ全てがベジ&エコ関係。
第1位に輝いたのは、漁業と政治の暴露本。
これは日本人は読むべきなんじゃないかな。
もうひとつは学校給食への政治的因果関係の研究本。
posted by 日美子 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ベジタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。