2011年01月08日

うつ病のためのフードセラピー

私のパソコンを整理していた時に発掘しました。
フードセラピーってなんぞやと思って、昔(2003年ごろ)に調べたことがあります。

---------------------------------------------
引用元
Food Therapy for
By Christine Pedersen – Nutritional Consultant/Blood Analyst
http://www.jaredstory.com/depression_food_therapy.html
---------------------------------------------

栄養学の専門家であり、血液分析家による調査だそうです。
血液や細胞レベルで色々と調査しているっぽいです。

訳している時間もあまりないですが、とりいそぎ…


体に摂りいれるべきもの

1. Water – pure and clean (not chlorinated)
  水 純粋で清浄なものを摂る(塩素で殺菌されていないもの)

2. Minerals and vitamins from whole foods
  全体食でミネラルとビタミンを摂る

3. Essential fatty acids from Omega 3 and 6 oils
  オメガ3と6系油から主要な脂肪分を摂取する

4. Enzymes from living plants
  生きた植物から酵素を摂る

5. Friendly bacteria (probiotics)
  友好的な(?)バクテリアを摂取する(プロバイオティックス)

6. Plant based proteins
  たんぱく質は植物から摂取する



・脳を刺激する物質(カフェイン飲料の摂取)により、脳がマヒをする。その時にうつ病の原因を作る
 脳はマヒをするので、元気になったと勘違いするが、脳を痛めつけることになる。

・アルカリ性食品と酸性食品の摂取
 動物性食品は全て酸性食品。
 加工食品も酸性食品。油で揚げたもの、レンジで加熱したものも酸性食品。
 フルーツと野菜だけがアルカリ性食品。
 アルカリ性食品と酸性食品の摂取の割合は7:3が理想。
 ストレスを受けると、体は酸性になる。

・うつ病の種類は2種類ある

 1.External(外的要因) 人間関係やストレスなど
 2.Internal(内的要因) 傷口から入るものや、口の中に入れるもの(食べ物)に由来するもの

ストレスへの抵抗力がなくなってくると、ストレスを受けた時(外的要因)、内的要因へとシフトする傾向がある

・うつ病対策にはどうすればよいか?前に出てきた摂取物を、ひとつずつ段階を経るのがよい。
 1.まずは水をがぶがぶ飲む
 2.オメガ3,6系の油を摂取する
 3.ビタミンとミネラルの摂取
 ・・・

・・・で、
The fastest way to turn around any “dis-ease”, including depression,
is to eat raw, fresh, organic fruits and vegetables, along with raw
nuts and seeds, and your good oils.

一番手っ取り早い、うつ病からの脱出方法は、生のオーガニックの野菜やフルーツを食べ、生のナッツや種などから油を摂取することが近道である。


うつ病予防のために、摂取を避けるべきもの

1) White sugar and flour, including all wheat (gluten is linked to depression)
  精製された砂糖、小麦など(グルテンはうつ病につながる)

2) All soda pops and carbonated beverages
(deplete us rapidly of nutrients and strength)
  炭酸飲料は全て(これらは体内の栄養や体力を奪う)

3) Caffeine, alcohol, nicotine
  カフェイン、アルコール、ニコチン

4) Foods additives such as MSG, dyes, artificial sweeteners
(well disguised on labels)
  中毒性のある食品(味の素などのMSG、合成甘味料)

5) Processed dairy products (unless you can obtain free range organic)
  プロセスされた乳製品(放し飼いのオーガニックなものでない限りは)

6) Animal products (unless you can obtain free range organic)
  動物性食品(放し飼いのオーガニックでない限りは)

7) Chemicals such as chlorine, drugs, medications, nicotine
  化学薬品、塩素、麻薬、薬、ニコチンなど

8) Bad fats such as margarine, lard, anything deep fried
  悪い油(マーガリン、ラード、揚げ物など)

9) Anything microwaved
  レンジで加熱されたものは全て

そして記事は続く・・・
【関連する記事】
posted by 日美子 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と精神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。